タダシップを使うことで性生活を満喫できる

タダシップはシアリスと同じタダラフィルを成分にした、効果が約36時間持続するED治療薬です。

バイアグラ、レビトラが約4時間と比較すると9倍の持続効果になります。

欧米ではタダラフィル系のED治療薬は「ウィークエンド・ピル」と呼ばれて愛用されています。
土曜日の夜にのむと、効果が月曜の朝まで続くからです。
タダシップを使うメリットは、セックスのタイミングを細かく想定してのむ必要がない、薬を持ち歩く必要がない、足かけ3日間効果が続くので、連戦のときはコストメリットがある、食事に大きく影響されない、顔の火照り、頭痛など、ED治療薬とくゆうの副作用がおだやかになり、性生活を満喫できます。

タダシップはシアリスの3分の1程度の低価格です。
バイアグラ、レビトラ、メガリスの三大ED治療薬はどれも、阻害薬と呼ばれるお薬で、陰茎海綿体の動脈血管の拡張をじゃまする酵素のはたらきを抑える作用があります。
バイアグラの出現がセンセーションをまき起こしたように、阻害薬は重症の糖尿病などを除くほとんどの勃起不全にめざましい効果を発揮します。
タダシップはこんなEDの症状によく効きます。

・朝立ちはあるが、性行為では勃起しない。
・挿入できる硬さまで勃起しない。
・行為の途中で柔らかくなり、中折れする。
・マスターベーションはできるが、セックスでは勃起しない。
・一応立つのだが、硬さに不満があることです。

EDの症状はさまざまな原因がかさなって生じます。

不妊治療を長期間続けて排卵日に合わせてセックスをしているうちに、夫にEDの症状が出てきた、というケースがあります。
これは精神的なプレッシャーが原因になっている心因性のEDの例です。

年齢による男性ホルモンの減少がEDの要因のひとつですが、それだけで勃起不全になることはむしろまれです。